関西発!体感型カーコンテストイベント!まいど大阪「秋の車音祭」

【まいど大阪「秋の車音祭」2018】開催イベントについて★★★

 
 

サウンドコンテスト

 

★Sound Contest Class★★★サウンドコンテストクラス

【★ エキスパートクラス】
評論家の先生2名の審査 初参戦でもエントリー可能 
※CDもしくは、CD音質データのwavファイル、ハイレゾもOK
【審査委員】 小原先生 土方先生
【★ 評論家クラス】
評論家の先生1名の審査 初参戦でもエントリー可能
※CDもしくは、CD音質データのwavファイル、ハイレゾもOK
【審査委員】 小原先生または土方先生
【★ Aクラス】
車両システム金額が200万円以上の車両
※CDもしくは、CD音質データのwavファイル、ハイレゾもOK
【審査委員】 サウンドフリークス佐藤さん ジパング道祖尾さん
【★ Bクラス】
車両システム金額が100〜200万円の車両
※CDもしくは、CD音質データのwavファイル、ハイレゾもOK
【審査委員】 アンティフォン松居さん ガレージショウエイ吉岡さん
【★ Cクラス】
車両システム金額が100万円以下、もしくは内蔵の車両
※CDもしくは、CD音質データのwavファイル、ハイレゾもOK
【審査委員】 クアンタム土屋さん サウンドエスパス田巻さん
【★ 1stAクラス】
車両システム金額が200万円以上の車両
※CDもしくは、CD音質データのwavファイル、ハイレゾもOK
【審査委員】 ルロワ小山さん イングラフ木村さん
【★ 1stBクラス】
車両システム金額が100〜200万円の車両
※CDもしくは、CD音質データのwavファイル、ハイレゾもOK
【審査委員】 サウンドエナジー村上さん コンセプトファクトリー下道さん
【★ 1stCクラス】
車両システム金額が100万円以下、もしくは内蔵の車両
※CDもしくは、CD音質データのwavファイル、ハイレゾもOK
【審査委員】 ルロワ小山さん サウンドカーペンター仲尾さん
 
※ハイレゾ、CD混合(CD音質wavファイル含む)です。また、プレーヤー、ハイレゾファイルに制限はありません。
  e-onkyo Amazon

●小原先生の解説
ストリングス・オーケストラを背に、宇多田の乾いた声がセンターに微動だにせず定位。そこに突如差し挟まれるクリス・デイブのドラムの強烈なビート。シンセも合わさったこの伴奏の変化を境に、サビでの声の質感は微妙に瑞々しい方向に変化するところに要注意だ。ここでビートばかりに捉われてはいけない。この楽曲は、歌、ビート、ストリングスの3つの音場のレイヤー(階層)を混濁させずに、いかに良好なセパレーションで再現するかが鍵になる。

●土方先生の解説
活動を再開した宇多田ヒカルの2枚目のアルバムに収録された曲です。ボーカルものということで、まずは音像をしっかりとセンター定位させること。そして、ただセンターに定位するだけではなく、前後の定位、平たく言えばバックミュージックに対してどれだけ前へ飛び出させるのか、口元の大きさも意識してください。ドラムやシンセサイザーなどバックミュージックを構成する楽器1つ1つの音の明瞭度は当然求められます。また、このようなボーカルものでは、よく声の質感についての正解を聞かれますが、1つヒント話させてもらうと、以前発売されたベスト盤などを一度聞いてから、本曲を聞くと声質のコツがつかめるはずです。

※ハイレゾ、CD混合(CD音質wavファイル含む)です。また、プレーヤー、ハイレゾファイルに制限はありません。
  e-onkyo Amazon

●小原先生の解説
右chから繰り出されるグランカッサ(大太鼓)の地響きのようなリズム、それに絡むスネアのアクセント。そうした低音部に怯まぬよう、リサ・バティアシュベリのヴァイオリンを音場の中央にきっちり定位させる。時折エキセントリックでノイジーなフレージングを響かせる彼女の挑発的なプレイをクリアーに再現したい。テーマ部でのオーケストラは、ヴァイオリンのサポートに撤しているが、中間部ではデリカシーに富んだ優雅なハーモニーを聴かせる。ここは立体感豊かに展開したいところ。できればバレエの舞台でこの楽曲をダンサーがどう演じているか見て参考にするとよい。実に勇ましく力強いダンスだとわかる。

●土方先生の解説
「この楽曲は難しい」初めて聞いたときに感じた率直な印象です。ヴァイオリン協奏曲はよくコンテストで使われますが、本曲は全帯域とも混濁しやすく、特にグランカッサが盛大に入るパートでは低域の解像度が問われます。また、アコースティック楽器だけで構成されるクラシックは生楽器らしい質感表現に正確なトーンバランスが求められますので、まずは、原音に忠実なバランスを意識しましょう。各楽器の明瞭度を上げたいからと言ってトーンバランスを無闇にいじるのは厳禁です。オーケストラとソリストである彼女のヴァイオリンをレイヤー状に表現できたら最高ですが、音色で解像感を上げるのではなく、空間に楽器が浮き出るようフォーカス(位相)を合わせてください。

※CD、ハイレゾともにありますので、どちらでも審査可能です。 音源はユーザー様で用意してください。